メニュー 閉じる

リクシル・三面鏡・鏡の内側にコンセント差し込み口ありの洗面化粧台リフォームは60万円・夫婦と幼児1人の場合

洗面所の壁紙、床材の変更。

結婚をして、義両親から家を譲っていただいたのを機に、洗面所とお風呂のリフォームを行いました。湿気が多い地域ですので、カビが多く、全体的に水回りの空気が悪く感じましたので、気持ちよく快適な生活が送れることを期待しました。

義両親が勝手に決めていましたので、理由は分かりかねます。

鏡が三面になっていて、それぞれが開閉できるようになっています。収納がとてもたっぷり出来るので助かっています。また、右の鏡と左の鏡を少し開けると、ヘアセットをするときに色々な角度から見ることができ、気に入っています。洗面台に細い水切りのような移動可能なものが付いているので、スポンジなどを置いておけて便利です。

地元の工務店

義両親のつてがありましたので、検討の余地なく依頼することになりました。

工事の見積りが不明瞭でした。また、洗面台を取り付ける方と壁紙屋さんが別々の業者でしたが、それを取り仕切っている仲介の方との連携不足で業者さんが困っているように感じました。仲介に入る方(工務店?今回は義両親の知りあいの水道屋さんでした)の気配りや采配で、業者さんの働きやすさやこちらへの対応が随分違ってくると思うので、本当に信頼できる人なのか見極めるとこがだいじだと思いました。

以前は蛇口をひねるタイプで、温水と冷水も蛇口が分かれていましたが、温度調節も簡単になり、出したり止めたりも物を持ったまま片手で簡単に出来るようになり便利になりました。また、洗面台の栓が黒いゴムではめるタイプではなくなりましたので、掃除がしやすくなりました。収納もたっぷりあり、すっきりしましたし、何よりシンプルなデザインなので、とにかく掃除がしやすいです。

洗面台の機能やデザインに関しては満足しています。ただ、同じような物がインターネットなどでだいぶ安く出ていたり、ホームセンターの展示品で安くなっていたりしましたので、購入の仕方に関してもう少し勉強していれば、だいぶコストダウンが出来たのに・・と反省しています。